過去の仲間の声2020年(原文のまま掲載)

大学4年生男性(群馬)/2020年 4月8月9月 合計81日間滞在

・応募のきっかけ

時間をふんだんに使ってスケールの大きなことをしたいと考えていたところ、以前にえづらファームでのファームステイを経験した友人の思い出話を聞き、それがきっかけで応募に踏み切りました。

 

・体験した農作業

植え付け、収穫、それらの準備、お片付け等

 

・大変だったこと

農家のお仕事は力仕事も多く、大変なときもありました。ただ、そんな作業の後に食べるご飯は信じられないくらい美味しいし、今まで経験したことがないほどぐっすり眠れるので是非体験してほしいです!

 

・楽しかったこと

江面家の皆さんをはじめ、スタッフさんや他のボランティアの方など様々なバックグラウンドをもった人と関わることができたのは本当に貴重な経験でした。また、大自然に囲まれたのびのびとした生活はかけがいのない思い出になりました。

 

・応募を検討してる人へのメッセージ

是非チャレンジしてみてほしいです。それはファームステイを通じて様々な「気づき」が得られるからです。

例えば、知らない場所での共同生活という点では、ルーティン化した日常の何気ない行動ひとつひとつを意識することができるし、ボランティア活動という点では、お金を稼ぐためのアルバイトとは違った視点から「働く」ことを考え直すことができます。

えづらファームでの暮らしはこういった普段の生活を見直すいいきっかけになると思います!

 

大学4年生男性(愛知)/2020年4月7月8月 合計30日間滞在

応募のきっかけ

自然に囲まれて普段できないことを体験したいと思ったこと、コロナ禍で有意義な時間を過ごしたいと思ったこと

 

体験した農作業

じゃがいもの選別

石拾い、草取り

ブロッコリーの収穫

 

大変だったこと

冬は寒く、夏場は北海道とはいえ暑くなるので自然相手の仕事は大変でした

収穫は一瞬ですが、その前段階の作業では地味な仕事が多く集中力もいるので大変です

 

楽しかったこと

大変な仕事も含めて全部楽しかったです!

1日働いて、おいしいご飯を食べて、ボランティアのみんなと話して、特別なことをしているわけではないですが生活しているだけで幸せを感じました!

休日にはピザ窯でピザを焼いたり、乗馬体験もさせていただいて楽しすぎる時間を過ごしました!

 

メッセージ

決して楽ではないですが、やる気さえあれば誰でもできる仕事だと思います。

共同生活が不安だと思う方もいるかもしれませんが、ボランティアに来る人は何かしら同じ思いがあって来るので絶対に仲良くなれます!

えづらファームの皆さんは家族のように温かく接してくれて、本当に居心地がよく生活することができるので迷わず応募して欲しいです!

 

30代社会人(北海道)/2020年7月16日間滞在

・応募のきっかけ

本職がもともと宿泊施設の営業をしていたのでえづらファームさんの存在は知っていました。

ホームページを見て江面家の温もりが感じられ、ブログを見てストーリーに共感、感動し、自己紹介の記事などで人柄に魅力を感じていつか関わらせてもらいたいと思っていました。

そんな中、仕事がコロナで休業になって、どう生活しようか、と考えた時に、北海道ならではの農業と現職の観光業も同時に学べるところ、、と考えた時に真っ先に思い付いたのがえづらファームさんでした。

あとはボランティアがすごく人気で選考までしているという記載もあったのでなぜそこまで人気なのか、気になったのもきっかけのひとつです。

 

・体験した農作業

ブロッコリー収穫、ニンニク収穫、草刈機で草刈り、草取り、薪割り、民宿の清掃、宴会準備お手伝い

 

・大変だったこと

普段デスクワークがメインで運動もほとんどしていなかったので、一日中身体を動かす肉体労働が大変でした。

辛かった業務は、ビートの草取り。果てしなく続く農地を炎天下の中、永遠と雑草取るのが果てしなかった。笑

 

・楽しかったこと

ボランティアの方々や地域に住んでいる方々も含め様々な年代、フィールドの方々がいらっしゃったので、その関わりは楽しかったです。

外でピザ作ったり、バーベキューしたり、カーリングや菜の花畑など遊びに連れてってくださったりもとても良い思い出になりました。

大自然の中で生活すること自体がそもそも非日常なので楽しかったですね。

 

・応募を検討してる人へのメッセージ

迷ってるならチャレンジした方が絶対良いです。ここで学ぶことは日常の中で学ぶことの何倍もあると感じました。

江面さんご夫婦もただ働いてくれるボランティア、として見ているわけでは決してなく、きちんと一人一人を見て接し、そこで生活する価値を感じられるように関わってくださいます。

絶対にお金では買えない経験がここで積めます。応援しています!

あと毎日出していただく野菜は死ぬほど美味かったです。健康になります。人間の生活の本質がここにはあります。

 

 

大学生3年生女性(京都)/2020年8月9月 17日間滞在

・応募のきっかけ

就活で農業分野の長期インターンを探していたときに、ファームステイに興味を持ち、えづらファームさんのホームページに辿り着きました。

以前から大規模な農業に興味があり、未知の環境下で挑戦してみたいと思い応募しました。

 

・体験した農作業

じゃがいも、とうもろこしの収穫

 

・大変だったこと

畑の隅など機械が入れないところのじゃがいもを手作業で収穫すること。

実際に作業の大変さを体感したおかげで、食べ物のありがたみや美味しさをより一層強く感じることができました。

 

・楽しかったこと

作業の時間、ご飯の時間、陽子さんや暁人さん、のんちゃん、ボランティアのみんなと過ごした時間。全部です。(笑)

2週間という短い期間でしたが、全てが新鮮で刺激がいっぱいで、ドキドキワクワクな毎日でした。

 

・応募を検討してる人へのメッセージ

一人で参加することに緊張と不安でいっぱいでしたが、えづらファームさんはボランティアの方も含めて温かい人ばかりなのですぐに打ち解けることができます!

大自然に囲まれながら、農作業を経験することは、この先の自分の人生に、必ずプラスになると思います。


 

大学2年生女性(富山)/2020年9月10月 35日間滞在

・応募のきっかけ

元々自然に興味があり、えづらファームの魅力的なHPを見て、広大な土地の北海道での農業を味わってみたいと思ったから。

 

・体験した農作業

じゃがいもの選別、箱詰め

赤ビーツやビートの収穫

 

・大変だったこと

来て間もない頃の収穫作業

 

・楽しかったこと

えづらファームでの経験全て!

大自然の中での農作業、陽子さんの美味しい毎日のごはん、様々な人との交流、休日の乗馬やカーリング、釣りなどのアクティビティ、ヒンメリ作り、全部が素敵な思い出です。特に心に深く残ったのは、天気が良かったの日の満天の星空と、のんちゃんと姉妹みたいに仲良くなれたことです♡

 

・メッセージ

最初は知らない土地でのファームステイに対して、少し不安に感じていましたが、江面家のみなさんが温かく迎えて下さり、すぐに馴染むことができました。農作業をはじめとした、えづらファームでの経験全てが新鮮で、大自然の中での暮らしの素晴らしさを身をもって感じました。行って良かった、また行きたい、と心から思える場所です。

少しでも興味を持たれた方は、是非行ってみてください!

えづらファームが大好きになりますよ♡

 

 

大学4年生女性(大阪)/2020年 9月 15日間滞在

建前

 

大学生活最後に何か思い出を作りたい、北海道で農業を体験してみたい、という軽い気持ちから応募させていただきました。ビーツの収穫やじゃかいもの選別、器具の清掃などの多種多様な体験させていただき、農業の楽しさや大変さを学ぶことができました。休みの日には山登りや近隣町への観光などに連れて行ってくださりました。私にとっては、江面家をはじめとするたくさんの人々と出会い、交流をすることができたことも、ボランティアに参加することで得れた大きな収穫です。

応募しようか検討中の方は是非応募していただきたいです!想像以上に楽しく、面白く、学びがたくさんの体験になるはずです!

 

本音

 

コロナで留学が中途半端に終わって、このまま大学生活終わるん嫌すぎる。なんか面白いことしたい、農業してみたい、という気持ちで応募しました。

自分が思ってた以上に毎日毎日楽しくて、農業も休みの日の山登りや陽子さんとのドライブデート、みんなとの夜のゲーム、最終日のななちゃんの酔いっぷり、、全てが思い出です。農業の大変さやチームワークの大切さなどを学べたことも素晴らしい思い出です。しかし、私が1番学んだことは「大阪人は常にノリが良くてはならない。」ということです。ある日、じゃがいもアイスを食べていると、家主さんが急にシナモン取ってあげるわ、とおっしゃり、一味を持ってこられました。その時私は、何もボケることができず、大阪人としてやってはならないことをしてしまったと今でも悔やんでいます。ですので、この経験で得た「常にお笑いのアンテナを張る」ということを今後肝に銘じて生きていこうと思います。応募を考えている、関西人の方、しっかり事前にネタを仕込み、参加することをおすすめします。

20代社会人女性(大阪)/2020年 10月 13日間滞在

【応募のきっかけ】

自給自足の生活に憧れがあり農業にはずっと興味がありましたが、実際やったことはほとんどなかったので、農業のことをちゃんと知りたい体験したいという思いで応募しました。

自然がすごく好きで、将来的には自然と深く関わって生活したいという思いがあるので、それを家族で実現されているえづらファームの方から色んなことを吸収できたらいいなという気持ちもあり今回ボランティアに応募させていただきました。

【作業内容】

・ビートの収穫

・じゃがいもの箱詰め

 

【大変だったこと】

・初めは、こんなにも体力を使うのかと思うほど想像以上の大変さに驚きました。ほぼ毎日3〜4万歩ほど歩き、ビートを拾い、筋肉痛がすごかったです。疲れすぎて夜はすぐ就寝していました。

・たくさんのじゃがいもが入ったコンテナを運ぶこと。初めは重くて持ち上げることができませんでした。

・朝がそんなに得意ではないので、早起きが少し大変に思いました。寝坊しないかとヒヤヒヤして、夜中にパッと目が覚めたりしていました(笑)

 

ただ、農業の仕事は3日でできることが増えると教えていただいたのですが、本当に3日ほど経ってから体力や筋肉がついたのか、しんどいと思う仕事に慣れてきて、スピーディーにできるようになりどんどん楽しくなっていきました。

初め持ち上げることのできなかったじゃがいもの入ったコンテナも一人で持って歩くことができるようになりました。

早起きも、習慣になると夜早く寝るようになるので、苦にならなくなり非常に健康的な生活リズムができて良かったです。

 

【楽しかったこと】

・ビートの収穫が全て終えたときの達成感が素晴らしかったです。大変だったからこそ、みんなで協力してやったからこそ、涙が出そうになるくらい嬉しかったです。これが農業の素晴らしさでもあると、特に感じた瞬間でした。

・えづらファームでとれた野菜を、ようこさんがいつもおいしく調理して朝昼晩のごはんで出してくださるので、それを楽しみに仕事を頑張っていました。「おいしいね」って言いながらみんなで食卓を囲む時間が好きでした。

ますます野菜が好きになりました。

・えづらファームの皆さん、えづらファームで出会った皆さんと話す時間が大好きでした。皆さん温かくて、色んな価値観考え方思いに触れ、良い刺激を感じられる毎日でした。みんなでわいわいゲームをするのも楽しかったです。ずっと笑っていました。

・お休みの日のお出かけが楽しかったです。乗馬をしたり、大自然を見たり、オホーツクタワーに行ったり、アザラシ水族館に行ったり、温泉に入ったり…農業以外にもここでしかできないような楽しい体験をたくさんさせていただきました。仕事を頑張れたからこそ、休日を思う存分楽しむことができたのだと思います。仕事もプライベートもとっても充実していました。

 

【応募を検討してる人へのメッセージ】

農業はもちろんのこと、それ以外にもたくさん学ぶこと感じることがあると思います。知らない土地で知らない人達と生活や仕事を共にすることに、私も初めは緊張や不安もありましたが、そんな不安は一瞬にしてなくなるほど、えづらファームさんのボランティアに参加できてよかったと心の底から思っています。

迷っているなら、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみることをおすすめします(^^)

​えづらファーム

099-0121

北海道紋別郡遠軽町白滝

北支湧別152‐3

Email:ezurafarm@gmail.com

Phone:​0158-48-2050

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2020  by Ezura Farm.